レッスンお申込み

Q&A

小さい時から引っ込み思案でみんなの会話に入っていけません。(女性25歳)
多くの人は「私が 私が」といった具合に自分が話すことに夢中です。それだけに自分の話を聞いてくれる人に対し好感を持ち人間関係が良くなります。又、人の話を聞くことで情報も増えます。まずは会話の勉強から入り話題の選び方、相槌の打ち方などを知って実践していくとよいでしょう。
人前に立つ前から緊張し前に立つと声が上ずって苦しくなります。(男性42歳)
緊張すると誰でも多少は呼吸が浅くなり、しかもお辞儀など一連の動作が速いと猶の事、呼吸が乱れ息苦しくなり声が震えます。声出しのトレーニングをすることで楽に声が出せるようになり、言葉もはっきりしてきます。
人間関係がどうも苦手です。(女性42歳)
話し方の勉強というのは実は良い人間関係を築いていくためのものです。
ところが逆に相手を怒らせてしまうとか、傷つけてしまった、といったことがよくあります。言い方に問題があるのですが、案外、本人は気づいていないものです。
人間関係をよくするにはどうしたらよいか、対話をしながら進めていきます。
自分に自信が持てず何かにつけ消極的。(女性36歳)
自信のない人、消極的な人に共通するのは声が小さいということです。
そういう人はまず、発声トレーニングで思い切り声を出していくと良いでしょう。お腹から声を出すことでスッキリし、元気が出てきます。少しずつ声が出てきたら肯定用語を声に出していくと気持ちが前向きになり音調も明るくなります。女性の方に人気のあるレッスンです。
ある会の会長を務めることになったが不安。本当に話せるようになるのか。(男性64歳)
心配しているよりも取り掛かったほうが不安は少なくなります。かつて、職場の朝礼スピーチであがることに悩んだ方が勉強にいらっしゃいました。レッスンを受け少しずつ自信が出てきました。それから10数年。今では何百人と部下を持つ立場になられましたが、今でも何かあると事前の準備にいらっしゃいます。上手な人ほど人の見えないところで努力をされています。
グループレッスンにしようか個人指導か迷っています。(女性27歳)
自分が何を求めているかで違います。
グループレッスンの良さは人前の体験ができることです。
それに対し個人指導はしっかり基本を身につけ、より効果を上げていくことを目的としています。又、レッスン内容、日時等、自由に決めることができるのも利点です。
個人指導だと聞き手を見て話す練習ができないと思うのですが。(男性45歳)
話すことに自信がないと聞き手を見るどころか原稿に目がいきがちです。聞き手に見られていると思っただけで顔を上げることができず却ってあがってしまうことがあります。
個人指導では何よりも基本をしっかり行います。実習では話す内容に合わせて視線の練習をしていきますのでゆとりをもって楽に話せるようになります。
レッスン時間ですが夜は何時まで可能ですか。(男性37歳)
一般的には、10:30~20:30迄(受付19:30)ですが、受講されている方の事情により規定以外の時間でもお受けすることがあります。その場合はご相談に応じます。
レッスンを受けられている方の平均年齢、男女の比率は?(女性32歳)
どちらかというと40代以上の方が多いですが、中には20代、30代の方もプレゼンなどで見えます。上は80歳の男性、女性の方がお見えになっています。比率は男性が7割、女性が3割くらいです。話すことは年齢に関係がありませんが、若い時から話し方の勉強をされていると将来役に立つことは間違いありません。
受講料の支払いはカードでも大丈夫ですか。(男性56歳)
カードはお取り扱いしておりませんので、現金でお支払いいただいております。

レッスンお申込み 山北裕子 公式blog